ジャン・クリストフ 04 だいにかん あさ
ジャン・クリストフ 04 第二巻 朝

冒頭文

一 ジャン・ミシェルの死 三か年過ぎ去った。クリストフは十一歳になりかけている。彼はなおつづけて音楽の教育を受けている。フロリアン・ホルツェルについて和声(ハーモニー)を学んでいる。これはサン・マルタンのオルガニストで、祖父の友人であったが、いたって学者で、クリストフが最も好んでいる和音、やさしく耳と心とをなでてくれて、それを聞けばかすかな戦慄(せんりつ)が背筋に走るのを禁じえない種々の和声

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • ジャン・クリストフ(一)
  • 岩波文庫、岩波書店
  • 1986(昭和61)年6月16日