ナポレオンのいしょ
ナポレオンの遺書

冒頭文

ナポレオンの遺書——セント・ヘレナの島で、臨終より三週間ほど前に、彼が自ら口述し浄書したもので、現に文書保存局に原文が残っている——その遺書の中に、次のような一カ条がある。 予は、セント・ヘレナの手記、及び、最近六年間に刊行されたる、格言或は箴言と題せる著述を、否認するものなり。予の生涯を支配せし規範は、その中に存せず。 然るに、格言或は箴言と題せる著述は兎に角、セ

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 豊島与志雄著作集 第六巻(随筆・評論・他)
  • 未来社
  • 1967(昭和42)年11月10日