きりのなか ――「まさおのせかい」――
霧の中 ――「正夫の世界」――

冒頭文

南正夫は、もう何もすることがなかった。無理を云って山の避暑地に九月半ばまで居残ったが、いずれは東京の家に、そして学校に、戻って行かなければならないのだ。なんだか変につまらない。ただ一人で、丘の斜面の草原の上に寝ころんでぼんやりしていると、いろいろなことが頭に浮んでくる。大空が、目のまわるほど深くて青い。白い雲が流れる。大気がひえびえとしている。遠くの山々が、ひっそりと、薄っペらで、紙細工のようだ。

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 豊島与志雄著作集 第三巻(小説Ⅲ
  • 未来社
  • 1966(昭和41)年8月10日