ごくちゅうへのてがみ 01 せんきゅうひゃくさんじゅうよねん(しょうわきゅうねん)
獄中への手紙 01 一九三四年(昭和九年)

冒頭文

十二月八日 牛込区富久町一一二市ヶ谷刑務所の宮本顕治宛 淀橋区上落合二ノ七四〇より(封書) 第一信。 (不許)[自注1] これは何と不思議な心持でしょう。ずっと前から手紙をかくときのことをいろいろ考えていたのに、いざ書くとなると、大変心が先に一杯になって、字を書くのが窮屈のような感じです。 先ず、心からの挨拶を、改めて、ゆっくりと。—— 三日におめにかかれた時、自分で丈

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 宮本百合子全集 第十九巻
  • 新日本出版社
  • 1979(昭和54)年2月20日