ちょうちん
提灯

冒頭文

八月の中比(ごろ)で国へ帰る連中はとうに帰ってしまい、懐の暖かな連中は海岸へ往ったり山へ往ったり、東京にいるのは金のない奴か物臭か、其のあたりのバーの女給にお思召をつけている奴か、それでなければ僕等のように酒ばかり飲み歩いている奴ばかりなのでしたよ。 ある晩例によって僕と、も一人の友人とで、本郷三丁目のバーで飲んでいると、二人の仲間がやって来たんです。其処で四人の者がいっしょになって飲ん

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 日本怪談全集 Ⅲ
  • 桃源社
  • 1974(昭和49)年8月5日