「にほんかいだんぜんしゅう」じょ
「日本怪談全集」序

冒頭文

私が最初に怪談に筆をつけたのは、大正七年であつた。それは『魚の妖・蟲の怪』と云ふ、中央公論に載せたもので、『岩魚の怪』と『蠅供養』の二つからなつてゐた。 ところで、幸か不幸か、其の怪談の評判がよかつたので、彼方此方から怪談を頼まれるやうになつて、長い間怪談ばかり書いた。それは私が支那の怪談が好きで、晉唐小説六十種、剪燈新話、聊齋志異などと云ふやうな物を手あたりしだいに讀んでゐた關係から、

文字遣い

旧字旧仮名

初出

底本

  • 日本怪談全集 Ⅰ
  • 桃源社
  • 1974(昭和49)年7月5日