かさねものがたり
累物語

冒頭文

承応(しょうおう)二巳年(みどし)八月十一日の黄昏(ゆうぐれ)のことであった。与右衛門(よえもん)夫婦は畑から帰っていた。二人はその日朝から曳(ひ)いていた豆を数多(たくさん)背負っていた。与右衛門の前を歩いていた女房の累(かさね)が足を止めて、機嫌悪そうな声で云った。 「わたしの荷は、重くてしようがない、すこし別(わ)けて持ってくれてもいいじゃないか」 与右衛門はそれを聞くと、

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 怪奇・伝奇時代小説選集14 累物語 他十篇
  • 春陽文庫、春陽堂書店
  • 2000(平成12)年11月20日