うたどけい どうようしゅう
歌時計 童謡集

冒頭文

序 この小さな童謠集を「歌時計」と名づけたのは、べつに深い意味はない。 わたくしはただ、驚異のねぢを卷いて、そのほどけるがままに、澄み切つた歌をうたひたいと思ふから、あへてかういふ名をつけたのであるが、赤や紫や青の、夢のきれはしを投げつけて、少年のわたしの心をさざなみ立たせたところの、あの「歌時計」の歌のやうな、それほどの魅力がわたしの童謠にあるかないか。 だが、そんな反

文字遣い

旧字旧仮名

初出

底本

  • 叢書 日本の童謡「歌時計 童謠集」
  • 大空社
  • 1996(平成8)年9月28日