くびのないきばむしゃ
首のない騎馬武者

冒頭文

越前(えちぜん)の福井(ふくい)は元北(きた)の庄(しょう)と云っていたが、越前宰相結城秀康(ゆうきひでやす)が封ぜられて福井と改めたもので、其の城址(じょうし)は市の中央になって、其処には松平(まつだいら)侯爵邸、県庁、裁判所、県会議事堂などが建っている。そして、柴田勝家(しばたかついえ)の居城の址(あと)は、市の東南の方角に在って、明治四十年までは石垣なども残っていたが、四十年になって市中を流

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 怪奇・伝奇時代小説選集3 新怪談集
  • 春陽文庫、春陽堂書店
  • 1999(平成11)年12月20日