ししゅうのあとに
詩集の後に

冒頭文

私が第一詩集暮笛集を出版したのは、明治三十二年でしたが、初めて自分の作品を世間に公表しましたのは、確か明治二十九年か三十年の春で、丁酉文社から出してゐた『新著月刊』といふ文藝雜誌に投稿したのだつたと思ひます。丁酉文社といふのは、島村抱月、後藤宙外その他二三氏の結社で、事務所は東京牛込神樂坂を少し揚塲町の方に∱Eつた後藤宙外氏の家においてあつたやうに記憶して居ります。私の作が雜誌に出ると、丁酉文社か

文字遣い

旧字旧仮名

初出

底本

  • 明治文學全集 58 土井晩翠 薄田泣菫 蒲原有明 集
  • 筑摩書房
  • 1967(昭和42)年4月15日