しょうえんのき
小園の記

冒頭文

我に二十坪の小園あり。園は家の南にありて上野の杉を垣の外に控へたり。場末の家まばらに建てられたれば青空は庭の外に拡がりて雲行き鳥翔(かけ)る様もいとゆたかに眺めらる。始めてこゝに移りし頃は僅(わずか)に竹藪を開きたる跡とおぼしく草も木も無き裸の庭なりしを、やがて家主なる人の小松三本を栽ゑて稍(やや)物めかしたるに、隣の老媼の与へたる薔薇の苗さへ植ゑ添へて四五輪の花に吟興(ぎんきょう)を鼓せらるゝこ

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 花の名随筆9 九月の花
  • 作品社
  • 1999(平成11)年8月10日