パリさい
巴里祭

冒頭文

彼等自らうら淋しく追放人(エキスパトリエ)といっている巴里幾年もの滞在外国人がある。初めはラテン区が彼等の巣窟(そうくつ)だったが、次にモンマルトルに移り、今ではモンパルナッスが中心地となっている。 ——六月三十日より前に巴里を去るのも阿呆、六月三十日より後に巴里に居残るのも阿呆。」 これは追放人(エキスパトリエ)等の口から口に伝えられている諺(ことわざ)である。つまり六月

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 巴里祭・河明り
  • 講談社文芸文庫、講談社
  • 1992(平成5)年10月10日