すんじょうふどき
寸情風土記

冒頭文

金澤(かなざは)の正月(しやうぐわつ)は、お買初(かひぞ)め、お買初(かひぞ)めの景氣(けいき)の好(い)い聲(こゑ)にてはじまる。初買(はつがひ)なり。二日(ふつか)の夜中(よなか)より出(いで)立(た)つ。元日(ぐわんじつ)は何(なん)の商賣(しやうばい)も皆(みな)休(やす)む。初買(はつがひ)の時(とき)、競(きそ)つて紅鯛(べにだひ)とて縁起(えんぎ)ものを買(か)ふ。笹(さゝ)の葉(は

文字遣い

旧字旧仮名

初出

底本

  • 鏡花全集 巻二十八
  • 岩波書店
  • 1942(昭和17)年11月30日