だんじょかんけいについて にょうぼうにあたえてかのじょにたいするいちじょうふのしんじょうをかたるぶん
男女関係について 女房に与えて彼女に対する一情婦の心情を語る文

冒頭文

一 野枝さん。 『女の世界』編集長安成二郎君から、保子に対する僕の心持を書いてくれないか、という注文があったので、ちょうど今このことについて君と僕との間に話の最中でもあり、それに君に話しかけるのが僕には一番自由でもあるので、君に宛ててこの手紙を書くことにする。世間の奴等には、堪らないおのろけとも聞えることを書くようになるかも知れないが、堪ろうと堪るまいと、それは僕等の知ったことじゃない

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 日本の名随筆47 惑
  • 作品社
  • 1986(昭和61)年9月25日