びょういんのまど
病院の窓

冒頭文

野村良吉は平日(いつも)より少し早目に外交から歸つた。二月の中旬過の、珍らしく寒さの緩(ゆる)んだ日で、街々の雪がザクザク融けかかつて來たから、指先に穴のあいた足袋が氣持惡く濡れて居た。事務室に入つて、受付の廣田に聞くと、同じ外勤の上島も長野も未だ歸つて來ないと云ふ。時計は一時十六分を示して居た。 暫時(しばらく)其處の煖爐(ストーブ)にあたつて、濡れた足袋を赤くなつて燃えて居る煖爐に自暴(

文字遣い

旧字旧仮名

初出

底本

  • 石川啄木作品集 第二巻
  • 昭和出版社
  • 1970(昭和45)年11月20日