すずろごと
すゞろごと

冒頭文

ほとゝぎす ほとゝぎすの声まだしらねば、いかにしてか聞かばやと恋しがるに、人の訪(と)ひ来て、「何かは聞えぬ事のあるべき。我が宿(やど)の大樹(おほき)にはとまりてさへ鳴くものを、夜ふけ枕(まくら)にこゝろし給へ。近く聞く時は唯一(たゞひと)こゑあやしき音(ね)に聞きなさるれど、遠くなりゆく声のいと哀れなるぞ」と教へられき。 時は旧(ふる)き暦の五月(さつき)にさへあれば、おのが時

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 全集樋口一葉 第二巻 小説編二〈復刻版〉
  • 小学館
  • 1979(昭和54)年10月1日、1996(平成8)年11月10日復刻