そうぞうりょく
想像力

冒頭文

派出婦さんが、だんだん顔をあげて私を見て、笑顔になってものを云うようになった。そして、こんなことを話した。 「あたし、喧嘩する家はつくづく、やになっちゃうね」 夫婦喧嘩されると、どっちにどう云っていいのか分らないから困る。 「旦那さんと奥さんがガミガミ馬鹿にしてんのはいいけんど、奥さんが叱られると、きっとこっちへ当って来るから、ほんとにやになっちゃう」 旦那さんが細君にやら

文字遣い

新字新仮名

初出

不詳

底本

  • 宮本百合子全集 第十七巻
  • 新日本出版社
  • 1981(昭和56)年3月20日