さらのはな
沙羅の花

冒頭文

沙羅木(さらのき)は植物園にもあるべし。わが見しは或人の庭なりけり。玉の如き花のにほへるもとには太湖石(たいこせき)と呼べる石もありしを、今はた如何(いか)になりはてけむ、わが知れる人さへ風のたよりにただありとのみ聞えつつ。 また立ちかへる水無月(みなづき)の 歎きをたれにかたるべき。 沙羅(さら)のみづ枝(え)に花さけば、 かなしき人の目ぞ見ゆる。 (大正十四年五月

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 筑摩全集類聚 芥川龍之介全集第四巻
  • 筑摩書房
  • 1971(昭和46)年6月5日