かぼちゃ
南瓜

冒頭文

何しろ南瓜(かぼちや)が人を殺す世の中なんだから、驚くよ。どう見たつて、あいつがそんな大(だい)それた真似をしようなんぞとは思はれないぢやないか。なにほんものの南瓜(かぼちや)か? 冗談(じようだん)云つちやいけない。南瓜は綽号(あだな)だよ。南瓜の市兵衛(いちべゑ)と云つてね。吉原(よしはら)ぢや下つぱの——と云ふよりや、まるで数(かず)にはいつてゐない太鼓持(たいこもち)なんだ。 そんな

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 筑摩全集類聚 芥川龍之介全集第四巻
  • 筑摩書房
  • 1971(昭和46)年6月5日