びょうちゅうざっき
病中雑記

冒頭文

一 毎年一二月の間(かん)になれば、胃を損じ、腸を害し、更に神経性狭心症(けふしんしやう)に罹(かか)り、鬱々として日を暮らすこと多し。今年(ことし)も亦(また)その例に洩(も)れず。ぼんやり置炬燵(おきごたつ)に当りをれば、気違ひになる前の心もちはかかるものかとさへ思ふことあり。 二 僕の神経衰弱の最も甚(はなはだ)しかりしは大正十年の年末なり。その時には眠りに入らんとすれば、忽ち誰かに名前を

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 筑摩全集類聚 芥川龍之介全集第四巻
  • 筑摩書房
  • 1971(昭和46)年6月5日