みのまわり
身のまはり

冒頭文

一 机 僕は学校を出た年の秋「芋粥(いもがゆ)」といふ短篇を新小説に発表した。原稿料は一枚四十銭だつた。が、いかに当時にしても、それだけに衣食を求めるのは心細いことに違ひなかつた。僕はそのために口を探し、同じ年の十二月に海軍機関学校の教官になつた。夏目(なつめ)先生の死なれたのはこの十二月の九日(ここのか)だつた。僕は一月六十円の月俸を貰ひ、昼は英文和訳を教へ、夜(よる)はせつせと仕事をした

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 筑摩全集類聚 芥川龍之介全集第四巻
  • 筑摩書房
  • 1971(昭和46)年6月5日