がっこうともだち
学校友だち

冒頭文

これは学校友だちのことと言ふも、学校友だちの全部のことにあらず。只冬夜(とうや)電燈のもとに原稿紙に向へる時、ふと心に浮かびたる学校友だちのことばかりなり。 上滝嵬(かうたきたかし) これは、小学以来の友だちなり。嵬(くわい)はタカシと訓ず。細君の名は秋菜(あきな)。秦豊吉(はたとよきち)、この夫婦を南画的夫婦と言ふ。東京の医科大学を出、今は厦門(アモイ)の何(なん)とか病院に在り。人生観上

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 筑摩全集類聚 芥川龍之介全集第四巻
  • 筑摩書房
  • 1971(昭和46)年6月5日