「かめん」のひとびと
「仮面」の人々

冒頭文

学生時代の僕は第三次並びに第四次「新思潮」の同人(どうじん)と最も親密に往来(わうらい)してゐた。元来作家志望でもなかつた僕のとうとう作家になつてしまつたのは全然彼等の悪影響である。全然?——尤(もつと)も全然かどうかは疑問かも知れない。当時の僕は彼等以外にも早稲田(わせだ)の連中と交際してゐた。その連中もやはり清浄(せいじやう)なる僕に悪影響を及ぼしたことは確かである。 その連中と云ふ

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 筑摩全集類聚 芥川龍之介全集第四巻
  • 筑摩書房
  • 1971(昭和46)年6月5日