まさおかしき
正岡子規

冒頭文

× 北原(きたはら)さん。 「アルス新聞」に子規(しき)のことを書けと云ふ仰(あふ)せは確(たしか)に拝誦しました。子規のことは仰せを受けずとも書きたいと思つてゐるのですが、今は用の多い為に到底(たうてい)書いてゐる暇(ひま)はありません。が、何(なん)でも書けと云はれるなら、子規に関する夏目(なつめ)先生や大塚(おほつか)先生の談片を紹介しませう。これは子規を愛する人人には間(ま)に

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 筑摩全集類聚 芥川龍之介全集第四巻
  • 筑摩書房
  • 1971(昭和46)年6月5日