せいようがのようなにほんが
西洋画のやうな日本画

冒頭文

中央美術社の展覧会へ行つた。 行つて見ると三つの室に、七十何点かの画(ゑ)が並んでゐる。それが皆日本画である。しかし唯の日本画ぢやない。いづれも経営惨憺(けいえいさんたん)の余(よ)になつた、西洋画のやうな日本画である。まづ第一に絹や紙へ、日本絵具をなすりつけて、よくこれ程油絵じみた効果を与へる事が出来たものだと、その点に聊(いささか)敬意を表した。 そこで素人(しろうと)考へ

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 筑摩全集類聚 芥川龍之介全集第四巻
  • 筑摩書房
  • 1971(昭和46)年6月5日