いちばんきのりのするとき
一番気乗のする時

冒頭文

僕は一体冬はすきだから十一月十二月皆好きだ。好きといふのは、東京にゐると十二月頃の自然もいいし、また町の容子(ようす)もいい。自然の方のいいといふのは、かういふ風に僕は郊外に住んでゐるから余計(よけい)そんな感じがするのだが、十一月の末(すゑ)から十二月の初めにかけて、夜晩(おそ)く外からなんど帰つて来ると、かう何(なん)ともしれぬ物の臭(にほひ)が立ち籠(こ)めてゐる。それは落葉(おちば)のにほ

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 筑摩全集類聚 芥川龍之介全集第四巻
  • 筑摩書房
  • 1971(昭和46)年6月5日