じっさいいぜんによんだほん ――めいじよんじゅうごねんろくがつ『しょうねんせかい』のために――
十歳以前に読んだ本 ――明治四十五年六月『少年世界』の為に――

冒頭文

私は過去を語るのが強ち嫌ひといふ訳でもないが、前へ向つてする仕事が比較的忙しかつたので、曾て昔話をしたことが無い、随つて古い事はずん〴〵忘れてしまつた。さうでなくとも、地体が記憶力の弱いはうで、忘れる事につけては名人なのだから、爰にかういふ題を掲げて見たものの、ねっから何も思ひ出せない。併し、若し其忘れっぽい私ですら、今尚ほ覚えてゐるといふ、十歳以前の熟読書といつたやうなものがあつたら、それは何等

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 日本の名随筆36 読
  • 作品社
  • 1985(昭和60)年10月25日