イデオロギーがいろん
イデオロギー概論

冒頭文

序 私は二年あまり前に、『イデオロギーの論理学』を出版したが、今度の書物は全く、それの具体化と新しい領域への展開なのである。が、そればかりでなく、又その敷衍と平易化とでもあることを願っている。 イデオロギーの問題が、一般社会から云っても又階級的に云っても、至極重大な客観的な意味を有っていることを、今更口にする必要はないであろう。併しこの問題は世間の人々が想像しているように、それ

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 戸坂潤全集第二巻
  • 勁草書房
  • 1966(昭和41)年2月15日