イデオロギーのろんりがく
イデオロギーの論理学

冒頭文

序 この書物は、過去一年余りの間に私が様々な雑誌に発表した文章を、略々発表の時期の順序に従って編集したものである。どの文章もそれだけで独立な統一を有っているのではあるが、書物全体が実は、初めから一定のテーマを追跡することによって、それからそれへと次々に展開された諸問題の一系列を形づくっている。それ故この書物を初めから順次に読むならば、個々の文章だけでは気付かれなかったような必然的な統一が

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 戸坂潤全集第二巻
  • 勁草書房
  • 1966(昭和41)年2月15日