しゅぜんじそうせきしひひいんにきせるぶん
修善寺漱石詩碑碑陰に記せる文

冒頭文

巍々タリ此石標スルニ杳々超脱ノ詞ヲ以テス嗚呼是レ亡友漱石ヲ追懷セシムルモノニアラズヤ漱石明治四十三年此地菊屋ニ於テ舊痾ヲ養フ一時危篤ニ瀕スルヤ疾ヲ問フ者踵ヲ接ス其状權貴モ如カザルモノアリ漱石ノ名聲四方ニ喧傳セルハ實ニ此時ニアリトス蓋シ偶然ノ運行ニ因ルト雖モ忘ルベカラザルコトナリ夫レ病ハ身ヲ化シ身ハ心ヲ制ス漱石生死ノ間ニ彷徨シテ性命ノ機微ヲ捕捉シ知察雋敏省悟透徹スルトコロアリ漱石ノ思想ノ轉向躍進ヲ見

文字遣い

旧字旧仮名

初出

底本

  • 狩野亨吉遺文集
  • 岩波書店
  • 1958(昭和33)年11月1日