もみじぞめたきのしらいと ――そのひとまく――
錦染滝白糸 ――其一幕――

冒頭文

場所。  信州松本、村越の家 人物。  村越欣弥(新任検事)  滝の白糸(水芸の太夫)  撫子(南京出刃打の娘)  高原七左衛門(旧藩士)  おその、おりく(ともに近所の娘) 撫子(なでしこ)。円髷(まるまげ)、前垂(まえだれ)がけ、床の間の花籠(はなかご)に、黄の小菊と白菊の大輪なるを莟(つぼみ)まじり投入れにしたるを視(なが)め、手に三本(みもと)ばかり

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 泉鏡花集成7
  • ちくま文庫、筑摩書房
  • 1995(平成7)年12月4日