こうぎょく
紅玉

冒頭文

時。  現代、初冬。 場所。  府下郊外の原野。 人物。  画工。侍女。(烏の仮装したる)  貴夫人。老紳士。少紳士。小児五人。   ——別に、三羽の烏。(侍女と同じ扮装) 小児一 やあ、停車場(ステェション)の方の、遠くの方から、あんなものが遣(や)って来たぜ。 小児二 何だい何だい。 小児三 ああ、大(おおき)なものを背負(しょ)って、蹌踉々々(よろ

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 泉鏡花集成7
  • ちくま文庫、筑摩書房
  • 1995(平成7)年12月4日