あわれなるはつかねずみ
あはれなる廿日鼠

冒頭文

お手紙を有難う御座いました。この頃は春らしくなりお天気つづきで東京もたのしさうになつたことでしょう。私は今朝本当に久しぶりに二分間程干棚に出て街の上にかかる青空と遠い山脈の断片とを偸み見ましたが、もう春が地上に完全に支配してゐるのを見て驚いた程でした。あなたはミルトンについての論文で忙しいのですね。やはり身を入れて丁寧にお仕上げなさるやうにお勧めします。学校時代の了る時の記念ですからね。私はだんだ

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 日本の名随筆99 哀
  • 作品社
  • 1991(平成3)年1月25日