ゆめうら
夢占

冒頭文

一 むかし、摂津国(せっつのくに)の刀我野(とがの)という所(ところ)に、一匹(ぴき)の牡鹿(おじか)が住(す)んでいました。この牡鹿(おじか)には二匹(ひき)仲(なか)のいい牝鹿(めじか)があって、一匹(ぴき)の牝鹿(めじか)は摂津国(せっつのくに)の夢野(ゆめの)に住(す)んでいました。もう一匹(ぴき)の牝鹿(めじか)は、海(うみ)を一つへだてた淡路国(あわじのくに)の野島(のじま)に住

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 日本の諸国物語
  • 講談社学術文庫、講談社
  • 1983(昭和58)年4月10日