やまうばのかい
山姑の怪

冒頭文

甚九郎は店に坐っていた。この麹町の裏店に住む独身(ひとり)者は、近郷近在へ出て小間物の行商をやるのが本職で、疲労(くたび)れた時とか天気の悪い日とかでないと店の戸は開けなかった。 それは春の夕方であった。別に客もないので甚九郎は煙管(きせる)をくわえたなりで、うとうととしていると何か重くるしい物音がした。店の上框(あがりかまち)へ腰をかけた壮(わか)い女の黒い髪と背が見えた。甚九郎は何も

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 日本の怪談(二)
  • 河出文庫、河出書房新社
  • 1986(昭和61)年12月4日