ペンネンネンネンネン・ネネムのでんき
ペンネンネンネンネン・ネネムの伝記

冒頭文

一、ペンネンネンネンネン・ネネムの独立 冒頭原稿数枚焼失のでした。実際、東のそらは、お「キレ」さまの出る前に、琥珀(こはく)色のビールで一杯(いっぱい)になるのでした。ところが、そのまま夏になりましたが、ばけものたちはみんな騒(さわ)ぎはじめました。 そのわけ十七字不明ばけもの麦も一向みのらず、大六字不明が咲いただけで一つぶも実になりませんでした。秋になっても全くその通七字不明栗(

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • ポラーノの広場
  • 新潮文庫、新潮社
  • 1995(平成7)年2月1日