かいじんべっそう
海神別荘

冒頭文

時。 現代。 場所。 海底の琅玕殿。 人物。 公子。沖の僧都。(年老いたる海坊主)美女。博士。 女房。侍女。(七人)黒潮騎士。(多数) 森厳藍碧(しんげんらんぺき)なる琅玕殿裡(ろうかんでんり)。黒影(こくえい)あり。——沖の僧都(そうず)。 僧都 お腰元衆。 侍女一 (薄色の洋装したるが扉(ドア)より出(い

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 泉鏡花集成7
  • ちくま文庫、筑摩書房
  • 1995(平成7)年12月4日