ひんしょせい
貧書生

冒頭文

「やい亀井、何しおる? 何ぢや、懸賞小説ぢや——ふッふッ、」と宛(さ)も馬鹿にしたやうに冷笑(せゝらわら)つたはズングリと肥つた二十四五の鬚(ひげ)毿(くしや)々の書生で、垢染みて膩光(あぶらびか)りのする綿の喰出(はみだ)した褞袍(どてら)に纏(くる)まつてゴロリと肱枕をしつゝ、板のやうな掛蒲団を袷(あはせ)の上に被(かぶ)つて禿筆(ちびふで)を噛みつゝ原稿紙に対(むか)ふ日に焼けて銅(あかゞね

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 日本の名随筆85 貧
  • 作品社
  • 1989(平成元)年11月25日