まど

冒頭文

窓というものが、これほどたのしいものとはまだ知らなかった。それも私が枕をならべて病んでいた私の少年を先立たせ、やがて一ヶ月後同じこの病院内に転室した日以来のことである。 私の病児と過した半年間は、母子とも枕があがらなかった。頭上に開いていた北窓には、窓の閾(しきい)まで日光を遮断する、樺色の日覆が来る日も来る日も拡げた蝙蝠の片羽のかたちで垂れさがっていた。殊に秋の末から冬にかけては、よく

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 鷹野つぎ――人と文学
  • 銀河書房
  • 1983(昭和58)年7月1日