おがわうせん
小川芋銭

冒頭文

物其のものはそれ自らに於てことごとく生命の一の象徴でなければならぬ。 また実にその象徴である。 いつかお目にかゝりたいと思つてからすでに久しいのである、芋銭氏はそんな事は夢にもごぞんじないであらう、それが事実となつた。 牛久駅に下車した時はもう何処の家にも灯は入つてゐた。自分は恋人に逢ひにでも行くやうな気分で沐浴し、喫餐し、折柄の糠雨を宿で借りた傘で避けながら闇の夜道

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • ふるさと文学館 第九巻【茨城】
  • ぎょうせい
  • 1995(平成7)3月15日