じょせいとにわ
女性と庭

冒頭文

出入りの植木屋さんが廻つて来て、手が明いてますから仕事をさして欲しいと言ふ。頼む。自分の方の手都合によつて随時仕事が需められる。職業ではのん気な方の職業でもあり、また、エキスパートの強味でもある。手入れ時と見え、まづ松の梢の葉が整理される。 松の花の出の用意でもある。松の花といふもの花らしくもなく、さればとて芽の軸ばかりでもない。そこに日本独特のしぶい「詑(わ)び」の美がある。イタリー名

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 日本の名随筆 別巻14 園芸
  • 作品社
  • 1992(平成4)年4月25日