わなをとびこえるおんな
罠を跳び越える女

冒頭文

三階利札室は銃声のない戦場だ。 凄じい誰かの咳、猛烈な紙埃(かみぼこり)、白粉の鬱陶しい香(にお)いと捌口のない炭酸瓦斯(ガス)の匍匐(ほふく)、 拇指(おやゆび)と人差指の多忙な債券調査、海綿の音高い悲鳴、野蛮な響きを撒きちらす鋏、撥(は)ね返るスタンプ、嚧(わらいごえ)、ナンバアリングの律動的(リズミカル)な活動、騒々しい帳薄の開閉、大仰な溜息、金額を叫ぶソプラノ、算盤(そ

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 日本プロレタリア文学集・23 婦人作家集(三)
  • 新日本出版社
  • 1987(昭和62)年11月30日