はんぎゃく
反逆

冒頭文

1 「天にまします我らの父よ。願わくば御名の崇(あが)められんことを。御国の来らんことを。御意(みこころ)の天のごとく地にも行われんことを。我らの日用の糧を今日もあたえ給え、我らに負債(おいめ)あるものを我らの免(ゆる)したるごとく、我らの負債をも免し給え。我らを嘗試(こころみ)に遇せず、悪より救い出し給え……アーメン」 朝の祈りが、厳かに厳かに会堂を流れた。 罪に喘ぐ小羊達

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 日本プロレタリア文学集・23 婦人作家集(三)
  • 新日本出版社
  • 1987(昭和62)年11月30日