あたらしきおっとのあい ろうごくのおっとよりつまへのあいのてがみ
新しき夫の愛 牢獄の夫より妻への愛の手紙

冒頭文

山内ゆう子——私は一人の新しい女性を紹介する。見た処彼女はまだほんの初々しい、はにかみがちな少女に過ぎない。だが少し相対して話していると、聡明な実にしっかりした女性であることが解ってくる。 彼女の生まれは九州だそうだが、父が地方長官をしていた関係で、女学校を東北のA市で卒業した。父の没後は、母と一緒に東京の郊外に棲み、女子**に通学していた。卒業後は独自の生活を立てながら、医学の研究を続

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 空にむかひて
  • 武蔵野書房
  • 2001(平成13)年1月21日