じゅもくとそのは 13 つり
樹木とその葉 13 釣

冒頭文

ソレ、君と通つて 此處なら屹度(きつと)釣れると云つた あの淀み 富士からと天城(あまぎ)からとの 二つの川の出合つた 大きな淀みに たうとう出かけて行つて釣つて見ました かなり重い錘(おもり)でしたが 沈むのによほどかゝる 四尋からの深さがありました とろりとした水面に すれ〳〵に釣竿が影を落す それだけで私の心は大滿足でした 山の根はいゝが 惜しいことに 釣つてゐ

文字遣い

旧字旧仮名

初出

底本

  • 若山牧水全集 第七卷
  • 雄鷄社
  • 1958(昭和33)年11月30日