もうどう
妄動

冒頭文

× われは曙にさまよふ影なり、 亡びんとする或物なり、 亡ぶるを否み難きものなり。 われは珊瑚の色したる灰なり、 暮れゆく春の竈場(フオオイエ)なり。 われは自(みづか)ら憐んで描きぬ、 わななきて氷の上に傾く焚火(たきび)を。 おお、この崩れ落つる火の傷ましさ、 熱もなく、音もなく、寄る人もなく………… 唯はかなげに、青みつつ薄赤し。    × わが行手こそ闇なれ、真冬な

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 三田文学
  • 三田文学会
  • 1913(大正2)年5月号