あきこしへんぜんしゅうしゅうい
晶子詩篇全集拾遺

冒頭文

明治三十二年 春月 別れてながき君とわれ 今宵あひみし嬉しさを 汲てもつきぬうま酒に 薄くれなゐの染いでし 君が片頬にびんの毛の 春風ゆるくそよぐかな。」 たのしからずやこの夕 はるはゆふべの薄雲に 二人のこひもさとる哉 おぼろに匂ふ月のもと きみ心なきほゝゑみに わかき命やさゝぐべき。」 わがをひ やよをさなこよなれが目の  さやけき色をたとふ

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 定本 與謝野晶子全集 第九巻 詩集一
  • 講談社
  • 1980(昭和55)年8月10日