おんながきて
女が来て

冒頭文

良人は昨日来た某警察署の高等視察のした話をSさんにして居ました。私は手に卓上と云ふ茶色の表紙をした雑誌を持ちながら、初めて聞く話でしたから良人の言葉に耳を傾けて居ました。 『あの時居たYをね、あれがNさんでせうつて云ふのだよ。』 と良人は私に話を向けました。私は思はず笑ひ出しました。その高等視察が来ました時に私はKさんと云ふ人とやはりこの応接室で話をして居たのでした。私が階下へ降りると

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 我等
  • 我等発行所
  • 1914(大正3)年6月号