じゅうにしこう 04 へびにかんするみんぞくとでんせつ
十二支考 04 蛇に関する民俗と伝説

冒頭文

『古今要覧稿』巻五三一に「およそ十二辰に生物を配当せしは王充の『論衡』に初めて見たれども、『淮南子(えなんじ)』に山中未(ひつじ)の日主人と称うるは羊なり、『荘子』に〈いまだかつて牧を為さず、而して牂(しょう)奥に生ず〉といえるを『釈文』に西南隅の未地(ひつじのち)といいしは羊を以て未(ひつじ)に配当せしもその由来古し」と論じた。果してその通りなら十二支に十二の動物を配る事戦国時既に支那に存したら

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 十二支考(上)
  • 岩波文庫、岩波書店
  • 1994(平成6)年1月17日