おおさかをあるく
大阪を歩く

冒頭文

大大阪小唄 直木三十五作歌 一、大君の  船着けましき、難波碕   「ダム」は粋(シック)よ、伊達姿、    君に似たかよ、冷たさは、     黄昏時の水の色、      大阪よいとこ、水の都市 二、高き屋に  登りて、見れば、煙立つ、    都市の心臓(ハート)か、熔鉱炉     燃ゆる焔は、吾が想い      君の手匙(てさじ)で、御意のまま     

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 直木三十五作品集
  • 文藝春秋
  • 1989(平成元)年2月15日